ついでにいびきについても考えてみました

以前、考えたことがあります。歯ぎしりといびき、治るならどっちがいいか。 どちらも寝ているときに出る、自分の無意識下での行為ですよね。コントロールできるものなら本当にコントロールしたいものです。ところで、いびきと歯ぎしり、どちらが体に悪影響か知ってますか?

いびきについても考えてみました(つづき)

どちらもうるさい音が出るという点では他人に迷惑をかけるという行為であることは変わりません。

ただこれら二つに同時に関係があるのが睡眠時無呼吸症候群と言われています。

 ベッド

まず、歯ぎしりですが、いうまでもなく寝ている間に上下の歯を刷り合わせキリキリと音を出すものですよね。

原因としてはよく言われている1、ストレスによるもの、2、噛みあわせの悪さによるもの、3、癖によるもの、だいたいこの3つが原因と考えられています。

眠っている時の歯ぎしりの負担は自分の体重の2倍とも言われています。これほどの力が加わっていると必ず健康を害してくるのは間違いないです。歯ぎしりは顎関節通を発症させると言われていますね。あと、歯周病を悪化させるとも言われています。

次にいびきです。

私はどうやらひどく疲れているときにいびきをかいたことがあるようです。女性がいびきをかくのはとても恥ずかしいですよね。できることなら原因を知って改善したいものです。

いびきの原因としては、疲労・ストレス・アルコール・仰向けで寝る(気道が狭くなるので)口呼吸である・肥満・顎が小さい(噛み合わせが悪い)と実に歯ぎしりとちょっと関係している部分もありますね。ストレスという点です。

特に家族や身近な人に一番迷惑をかける、歯ぎしりといびきという行為。できることなら、大事な人たちに迷惑はかけたくないものです。

二つを改善する近道は、ストレス解消かもしれません。まず自分の傾向を知って、しっかり対策をし、自分にとっては勿論、周りの人にとっても快適な睡眠を心がけるようにしましょう。

HOME | 歯ぎしり奮闘記:発覚編 | 歯ぎしり奮闘記:症状編 |
歯ぎしり奮闘記:対処編
| 歯ぎしり奮闘記:歯周病 | いびきとどっちが悪い?

 

Copyright 歯ぎしり奮闘記 All rights reserved.