自分で歯ぎしりに気づいた

今回は寝ているときの歯ぎしりをしていた自分のお話です。つい先日のことです。友人宅に泊まりに行き、朝方眠りにつきました。その日ひどく疲れていて眠りが浅かったのか、意識が半分あって半分眠りに落ちている状態でした・・・

こんな風にして起こっていた!

自分の歯ぎしりを認識したのはもう2,3年前にもなります。歯ぎしりの原因は癖によるもの、ストレスによるもの、噛み合わせの悪さによるもの、などいくつか原因があります。

起きている間でさえ、人はたまに歯ぎしり・歯のくいしばりをして歯に負担をかけていることがありますよね。私もたまに起きているときに、特に何かに集中して作業をしているときに歯の食いしばりをしていることがあります。このような癖も自分で意識して防いでいきたいものです。

つい先日のことです。友人宅に泊まりに行き、朝方眠りにつきました。その日ひどく疲れていて眠りが浅かったのか、意識が半分あって半分眠りに落ちている状態でした。

歯ぎしり

しばらくして、私は自分の声で目が覚めました。そうです、寝言ですね。そしてまたその時、私は自分が歯ぎしりをしているという紛れもない事実が発覚しました。

自分の右手の人指し指で自分の歯ぎしりを必死に止めようとしていたのです。勿論、寝ながらです。

意識はだいぶ朦朧としていましたが、それでもはっきりと自分がどういう風に毎晩歯ぎしりをしているのかがわかりました。

その時、私はマニキュアを塗っていたのですがそれも剥がれ落ちるくらい、強い力で私は自分で自分の指を噛んでいました。

この経験により、歯ぎしりの恐ろしさを十分に認識しました。そう、寝ている間の自分の行動は、自分の意志によって止められなかったのです。

意識の中でどんなに歯ぎしりをやめたい、と思っても歯の動きが止められなかったのです。とても恐ろしいことですよね。

だけど、どこかでこの動きを止めたい!と思う強い気持ちが人さし指で歯の摩擦を止めるという方向に私を動かしたんだと思います。

今までで初めてこんな不思議な経験をしました。以前作ってもらっていたマウスピースがありましたが、私はたまにさぼっていました。

が、この出来事があってからは確実にマウスピースをするようになりました。もし歯ぎしりされていると認識されている方がいるなら、早めの歯ぎしり対策をお薦めします。

HOME | 歯ぎしり奮闘記:発覚編 | 歯ぎしり奮闘記:症状編 |
歯ぎしり奮闘記:対処編
| 歯ぎしり奮闘記:歯周病 | いびきとどっちが悪い?

 

Copyright 歯ぎしり奮闘記 All rights reserved.